}PgžxQそれぞれの家庭で、収支が異なり、決められたルールがあるようです。
夫だけが働いている一馬力の家庭と共働きの二馬力の家庭ではやはりお金の分担のルールも違うようです。
今では男性が財布のひもを握る家庭も多いようです。
一馬力の場合は、一人の収入から全てを賄うことになります。二馬力の場合は、分担することが多いようです。例えば、ローンや家賃などの住宅費は夫、光熱費や食費は妻、教育費は学校に関するものが夫、塾や習い事は妻、というような形で各家庭で取決めをしたりするようです。また、共働きでも夫の稼ぎだけで生活することもあります。
家計を分担する家庭は、家事も分担していることが多いようです。男性がわりと協力的であったりするので、女性が肉体的に楽になります。男女平等で働く公務員の夫婦などはこれに該当します。
とはいえ、まだまだ男女平等ではなく、給与水準も男性のほうが高く、同じ仕事をしていても差があるのが現状です。その家庭でできる範囲で、できる人が家事を行いながら、経済面でも不満が出ないように調整していかなければなりません。
家のお金のやりくりはなかなか難しいものです。しかし、うまく調整しながら、適度に節約・貯金をしていきたいものです。