社会保険の不要に入れるのは、年収130万円までとなっています。
単純計算すると、月収10万9千円ぐらいだと130万円を越えてしまいます。
不要を外れると、個人で国民保険を払わなければなりません。
払う金額は、前年度の収入で決まります。
しかし、年間130万円の壁は結構高いです。
妻がパートやアルバイトを始めようとしていたら、時給や勤務時間、勤務日数でだいたいの給料を計算してみるといいでしょう。
時給が相当高いと130万円越えてしまうかもしれませんが、時給800円〜900円ぐらいだと週何日もハードに働かない限り越えることはありません。
パートやアルバイトだと、ボーナスや賞与はないでしょう。
単純に時給と勤務時間、勤務日数でまず計算してみましょう。
不要を外れてまで気にせず稼いでしまうと、社会保険で払っていた金額より多く払わなければならない場合もあります。
損をしてしまうこともあるので、不要内で働くか不要を外れて働くかよく考えましょう。
不要に入ったまま130万円を越えてしまうと、面倒なことになるので越えそうになった時は会社で手続きをしてもらい、すぐに不要から外れましょう。
年末調整までに手続きをしておけば大丈夫です。