家計を守っていくために、妻がパートやアルバイトというものに出かけるというご家庭はかなり多いものです。
とくに消費税アップというような生活に大きく影響を及ぼす可能性があるものが目前に迫っているという事であれば、今までの生活費よりもさらにお金がかかるということを心配して、新しい仕事探しをしてみようかという考えが頭をよぎるのも当然でもあります。
しっかりと夫婦で家計を支えていくというのは大事なことでもありますが、新しく仕事をするという事であれば注意すべき点も何点かあるので知っておくようにしましょう。
たとえば、年収をどのぐらいに抑えていくかということをまず考えるということが必要です。
年収においては130万円以上であれば社会保険が発生するという事となります。
それを考えると、できればおさえていきたいというように思う世帯もあるのではないでしょうか。
130万円以内に抑えるということで考えればボーナスなどを含めての金額ということにもなるため、それを計算して月々の収入がどのぐらいで押さえなければいけないというような判断になります。
たとえば月に15万円の収入が見込まれるなら年間で130万円は超えてしまうということなどを考えれば、月にどのぐらい働けるかというのを逆算して検討するということも必要になるのです。